D-565 伊藤博文 桂太郎
Itou hirobumi / Katsura Tarou

 伊藤博文 桂太郎 1
 伊藤博文 桂太郎 2
 伊藤博文 桂太郎 3
 伊藤博文 桂太郎 4 伊藤博文 桂太郎 5
 伊藤博文 桂太郎 6 伊藤博文 桂太郎 7
 伊藤博文 桂太郎 8 伊藤博文 桂太郎 9
 伊藤博文 桂太郎 10 伊藤博文 桂太郎 1
 伊藤博文 桂太郎 12 伊藤博文 桂太郎 13
 伊藤博文 桂太郎 14 伊藤博文 桂太郎 15
 伊藤博文 桂太郎 16
作家名
D-565 伊藤博文 桂太郎いとう ひろぶみ/かつら たろう
作品名
富岳之図
価格
180,000円(税込)
作品詳細
掛け軸 絹本水墨 緞子裂 象牙軸 二条基弘箱
  本紙寸法51 ×121.5
全体寸法(胴幅)64.2×204㎝
作家略歴

伊藤博文
WEB書画ミュージアム 伊藤博文のページへ

桂太郎
弘化4年(1848)~大正2年(1913)

第11代、13代、15代総理大臣。長門国阿武郡萩町萩城下平安古(現在の山口県萩市平安古)に生まれる。父は、長州藩士馬廻役桂與一右衛門。母は、長州藩士中谷家の娘喜代子。戊辰戦争に従軍し、奥羽鎮撫副総督澤為量の参謀添役や第二大隊司令として奥羽各地を転戦する。維新後、明治3年(1870)、ドイツに留学。帰国後ドイツ式軍制樹立に尽力。陸軍次官、台湾総督を経て、第3次伊藤博文内閣の陸相となる。以後、第1次大隈重信、第2次山県有朋両内閣でも陸相を務める。明治34年(1901)、第1次桂内閣を組織、以後西園寺公望と交互に政権を担う。大正2年(1913)、憲政擁護運動に批判されて辞職。

二条基弘
安政6年(1859)~昭和3年(1928)

公卿。宮中顧問官。九条尚忠の8男。妻は加賀金沢藩13代藩主前田斉泰の娘洽子。明治4年、関白内覧摂政の二条斉敬の養子となり二条家をつぐ。

コンディション他

優品です。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

作品紹介

Web
書画ミュージアム

長良川画廊
アーカイブス

過去の掲載作品より随時拡張中

このページのTOPへ