梁川星巌 Yanagawa Seigan

寛政7年(1795)~安政5年(1858)

安八郡曽根村(大垣市)に大垣藩士稲津丈太郎長高の子として生まれる。名は卯、字は伯兎。号は詩禅。後、名を改めて、孟緯、字を公圖または無象とした。十二歳で両親を失う。幼くして華渓寺太随和尚に句読を受ける。文化四年、一九歳で江戸に遊学し、山本北山塾に入門、経史、詩文を学ぶ。二十九歳帰郷し「梨花村舎」を開き、詩文を研究し子弟に教授した。文政五年から約十年間、妻紅蘭を伴って、西日本各地を放浪、頼山陽その他の文士と交流、詩名大いに高まる。天保三年、江戸に出て「玉池吟社」を開き詩文を教授した。門弟には、佐久間象山もいた。弘化三年、京都に居を移す。嘉永六年、ペリー来航後、吉田松陰、梅田雲濱らとの交流を深め、尊皇攘夷運動の中心的役割をになう。安政の大獄直前の安政五年、京都にて急死する。尊皇家。漢詩人。

梁川星巌
墨竹図 (合作)
梁川星巌
芳野懐古舊作六絶句
梁川星巌 寒山七絶
寒山七絶
梁川星巌 詩書 常磐雪行
常磐雪行
梁川星巌 松下弾琴図
松下弾琴図
梁川星巌 詩書
詩書
梁川星巌 山水図
山水図
梁川星巌 星巌詩稿零本
星巌詩稿零本
梁川星巌 七言絶句 米艦至浦賀
七言絶句 米艦至浦賀
梁川星巌 常磐雪行
常磐雪行
梁川星巌 秋夜読書七絶
秋夜読書七絶

画像をクリックしてください