C-284 樋口一葉
Higuchi Ichiyou

 樋口一葉 1
 樋口一葉 2
 樋口一葉 3 樋口一葉 4
作家名
C-284 樋口一葉 ひぐち いちよう
作品名
和歌 松有喜色
価格
1,200,000円(税込)
作品詳細
掛け軸 絹本 金砂子散短冊 緞子裂 松下秀麿識箱
  本紙寸法5.9×35.6
全体寸法(胴幅)36.1×146㎝
作家略歴

樋口一葉
明治5年(1872)~明治29年(1896)

東京府内幸町(現在の千代田区内幸町付近)に生まれる。本名、奈津。(書など自署は 、夏あるいは夏子)中島歌子の歌塾萩で桂園派の和歌を学ぶ。明治22年(1889)、17歳で 父を亡くし、貧苦のなかで小説家として身を立てることを決意。妹邦子に支えられなが ら、文筆活動を続け、明治27年(1894)、『大つごもり』、翌28年、『たけくらべ』『 十三夜』などを発表し、森鴎外などから絶賛されるが、結核のため24才で死去する。

松下秀麿
中央公論編集長。著書に『大雅の書』、『去年の人 回想の作家たち』など。

コンディション他

《松有喜色 しけりあふまつの色にもミゆるかな千とせのこもるそのふ成とは 夏子》

喜色…うれしそうな顔つき。よろこんでいるようす。
茂り合う…草や葉が重なって茂る。
園生(そのふ)…植物を植えて栽培する庭園。

『樋口一葉全集第4巻(上・下)』より以下所収
色紙・歌稿―14、點取秀歌1-53、詠草24-102、短冊・栞補遺-2、短冊色紙類補遺-31

本紙に僅かに傷み。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

作品紹介

Web
書画ミュージアム

長良川画廊
アーカイブス

過去の掲載作品より随時拡張中

このページのTOPへ