日本人の持つ美意識の結晶ともいうべき掛け軸。日本人の創造した優れた美術の多くは、掛け軸という表現様式に託され、さらにその輝きをまして、今を生きる私たちに感動と喜びを与えてくれます。また、それは、故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知ることでもあります。長良川画廊は、近世、近代書画専門の画廊として、日本の貴重な文化遺産である掛け軸を中心に、選りすぐりの作品をご紹介をするとともに、鑑定、評価、買い取りなどのご相談にもお答えしております。

《わたしたちが失いつつあるもの》

日本人に受け継がれてきた『学びのこころ』

日本に最初の中央集権国家が生まれる飛鳥・奈良時代以降、外来文化である仏教と儒教は、日本の学問の中心となり、日本人の精神的規範となって日本の文化に深く浸透していきます。また、一方には、遙か神々の時代より、自然の営みに寄り添い、自然に溶け込んで生きる、日本人固有の自然観、死生観があります。日本の豊かで多彩な優れた文芸はそうした歴史的背景、精神風土の下で育まれてきました。また、そこには、学芸を尊び、「学びのこころ」を大切にした古き日本人の姿があります。

『学びのこころ』にふれる今月の一点

山崎弁栄と並ぶ近代浄土門の双璧
清沢満之

清沢満之 1

五言連句幅
必當値賢聖 至此生死源

 清沢満之の〈ミニマム・ポッシブル〉と呼ばれる禁欲自戒生活の実験は、自己とは何かを問う、徹底した内観的省察の始まりである。それは、宗教の外側に立脚して宗教を解明しようとすることから、真なる宗教的生活への飛躍である。真なる宗教的生活とは、自己が不確かなものであることに目覚めて、そこから宗教の外側に向けて開かれていくことである。
 〈自己トハ何ソヤ 是レ人生ノ根本問題ナリ 自己トハ他ナシ 絶対無限ノ妙用ニ乗託シテ仁雲ニ法爾二此現前ノ境遇ニ落在セルモノ即チ是ナリ〉(臘扇記)
 〈絶対無限ノ妙用〉とは、如来の慈悲のことである。即ち、如来の現前の境遇に落在するところに自己が在り、そこから宗教の外側に開かれていく。それが、〈絶対他力の大道〉を歩むということである。
 山崎弁栄は、元より信仰の内側にあって、自らの思想を深めた宗教者であった。清沢満之は、元より信仰の外側にあって、学問へのたゆまぬ努力と自己への厳しい省察によって、信仰の内側に向かわんとした宗教者であった。

この清沢満之による気魂迫る書は、死の凡半年前、明治35年(1902)秋に染筆されたものである。

作品詳細へ »

長良川工房

長良川工房

掛軸・屏風・和額などの表装、修復、染み抜きなどを専門とする表装工房。
長良川画廊直営。

長良川工房
岐阜市泉町16
山本ビル3階

山崎弁栄記念館

山崎弁栄記念館

山崎弁栄記念館
岐阜市泉町16
山本ビル1階

久松記念館

久松記念館

久松記念館
岐阜市
長良福光228-2

久松真一作品鑑定のお知らせ

八白庵

八白庵

蔵ギャラリー
八白庵

岐阜市八代
11-10

抱石の会

抱石の会について

↓項目をクリックしてください。

長良川通信購読申込
新掲載品をいち早くメールでお知らせ
獅子門美濃派俳句資料館
松尾芭蕉の弟子各務支考から始まる俳句結社「美濃派」資料館
雛特集
雛特集
東海の遺墨集
岐阜・愛知・三重ゆかりの画家、先賢の遺墨作品集
特集 久松真一
久松真一の掛け軸、短冊 ご紹介

» 今までの特集はこちらから

寄稿文集『ふるさとに思う』
ふるさと岐阜への思い
長良川画廊企画展の歩み
今までの企画展紹介 『郷土の先人遺墨展』 他
美術館マンスリー
店主の美術館鑑賞記
店主のブログ『知と愛』
日本の古き文化、日本人の古きこころをエッセンスとして、わたしたちの今、此処(ここ)を綴る

掛け軸、屏風、日本画、洋画などの鑑定と買い取りについて

長良川画廊は、掛け軸、屏風、日本画、洋画などを専門に取り扱う美術商として、芸術家、文学者、思想家、宗教家、学者、政治家など、あらゆる書画の鑑定(無料)と買い取りをいたします。また、日本人作家のみならず、中国人作家、韓国人作家の鑑定(無料)と買い取りもいたしますので、掛け軸、屏風、日本画、洋画などの鑑定と売却は、お気軽に、書画専門、長良川画廊にご相談ください。

TOPへ