西田幾多郎 Nishida Kitarou

明治3年(1870)~昭和20年(1945)

石川県河北郡宇ノ気村(かほく市)に生まれ。明治16年(1883)、石川県師範学校入学。翌年、病気のため退学。明治19年(1886)、2月、北条時敬に数学を学ぶ。9月、石川県専門学校付属初等中学校第二級(翌年第四高等中学校に改称)に入学。明治20年(1887)、同校予科第一級に編入。鈴木貞太郎(大拙)、藤岡作太郎(東圃)、山本良吉らと同級。この頃、北条時敬宅に寄寓する。明治23年(1890)、第四高等中学校中退。眼を病む。明治24年 (1891)、東京帝国大学文科大学哲学科選科に入学。明治25年(1892)、鎌倉建長寺、円覚寺に参禅。明治27 年(1894)、東京帝国大学文科大学哲学科選科卒業。明治28年(1895)、石川県尋常中学校七尾分校の教諭に就任。金沢の得田寿美と結婚。明治29年(1896)、第四高等学校講師となる。明治30年(1897)、山口高等学校教授嘱託となる。この頃より、参禅への関心が高まる。雪門、滴水、廣州、虎関に参禅。妙心寺僧堂の二大接心に参禅。明治31年(1898)、1月及び7月、妙心寺僧堂の大接心に参禅。明治32年(1899)、第四高等学校教授となる。妙心寺夏末大接心に参禅。金沢洗心庵雪門老師に参禅、以降多年に渡り参ず。明治34年(1901)、雪門老師より、「寸心」居士号を受ける。明治36年(1903)、大徳寺の廣州禅師に参禅し「無字の公案」を透過。明治38年(1905)、富山国泰寺瑞雲老師に参禅。明治40年(1907)、二女幽子(5歳)死去。五女愛子(生後1カ月)死去。明治42年(1909)、学習院教授に就任。明治43年(1910)、京都帝国大学文学科大学助教授に就任。明治44年(1911)、『善の研究』出版。大正2年(1913)、京都帝国大学教授に就任。大正8年(1919)、妻寿美が脳溢血で倒れ、以後寝たきりとなる。大正9年(1920)、長男謙(23歳)死去。大正14年(1925)、妻寿美(49歳)死去。 昭和3年(1928)、京都帝国大学定年退職。昭和15年(1940)、文化勲章受章。昭和20年(1945)、『場所的論理と宗教的世界観』脱稿。6月7日、尿毒症により死去。法名、曠然院明道寸心居士。

西田幾多郎 萬里一絛鐵
萬里一絛鐵
西田幾多郎 和歌
和歌
西田幾多郎 与清風為俗
与清風為俗
西田幾多郎 達磨図
達磨図
西田幾多郎 秋日
秋日
西田幾多郎 行雲流水
行雲流水
西田幾多郎 雲出岫
雲出岫
西田幾多郎 曲尽己忘情
曲尽己忘情
西田幾多郎 和歌 小夜ふけて
和歌 小夜ふけて
西田幾多郎 歌幅
歌幅

画像をクリックしてください